freee丸投げ確定申告サービス

freee 丸投げ確定申告サービス

平成27年分の所得税の確定申告期限は 3月15日(火)です。 あと1ヶ月弱となりました。。。

そこで、確定申告に不安を感じている個人事業主の皆様に向け「freeeを使った丸投げ確定申告サービス」をご案内いたします。
以下の不安を抱えている方はぜひお問い合わせください。

・ freeeで記帳をやってるけれど、この後どうすればいいの?
・ freeeの入力が正しいのか不安だなぁ~
・ 確定申告に向けてやるべきことが多すぎて、大変だ!
・ 領収書の山に囲まれて憂鬱 ・・・
・ freeeのチャットサービスで問題が解決できない ・・・

logo58


丸投げ確定申告サービス料金

1. 基本サービス料金(消費税別途)

基本サービス料金は、仕訳数により変動いたします。
多くの場合は、仕訳数500 の基本料金内で対応可能です。

仕訳数  500  700  1,000  1,500  1,500以上
基本サービス料金  50,000円  60,000円  80,000円  100,000円  別途お見積り
  • 基本サービス料金に含まれるもの
    E-taxによる電子申告
    CSVデータからのfreeeへの登録(仕訳入力)
    確定申告書の作成
    各種所得控除の登録
    給与所得・雑所得(年金)の計算
  • 基本サービス料金に含まれないもの
    消費税申告書作成
    現金決済領収書のCSVデータ作成
    医療費控除・ふるさと納税のデータ作成
    事業所得・給与所得・雑所得(年金)以外の計算

2. オプションサービス料金(消費税別途)

消費税申告書(簡易課税) 20,000円
事業所得・給与所得・雑所得(年金)以外の所得計算 別途お見積り
現金決済領収書の整理・ファイリングサービス (注1) 20,000円

注1 現金決済領収書の整理・ファイリングサービスについて
基本サービスでは、お客様側において、現金決済の領収書からCSVファイルを作成していただくことを前提としております。
CSVファイルの作成時間の確保が困難なお客様は、本オプションをお選びいただくことで、CSVファイル作成は不要となります。
領収書を未整理のままお送りいただき、当方にて、領収書を整理した上で記帳し、ファイリングの上、返却いたします。ファイリングされた領収書綴りを整えておくことで税務調査があっても安心です。


3. 料金のお支払い条件

契約時に5万円(+消費税)のお支払いをお願いいたします。 残金は、確定申告書の提出時にお支払いいただきます。

logo58


丸投げ確定申告サービスの流れ

Step1. 確定申告チェックシートの記入 (お客様)

契約締結後、確定申告チェックシートをお送りいたしますので、ご記入のうえ、返信をお願いいたします。

Step2. 必要資料のご用意 (お客様)

必要となる資料一覧を作成いたしますので、必要資料のご用意をお願いいたします。

仕訳に必要となる資料(一例)
銀行通帳明細 ・・・ CSVデータ or 預金通帳のCOPY
クレジットカード明細 ・・・CSVデータ or クレジットカード明細のCOPY
現金決済明細・・・CSVファイル or 未整理の領収書束
所得控除に必要となる資料 etc.

Step3. freeeへの登録(仕訳入力)・確定申告書の作成 (加藤事務所)

当方にて、クラウド会計ソフトfreeeへの登録(仕訳入力)を行います。
freeeへの登録後、決算整理手続きにより、青色申告決算書(収支内訳書)が完成いたします。
その後、確定申告に必要となる情報を入力し、所得税の確定申告書を作成いたします。
申告前に、納税額又は還付額をご連絡いたします。

Step4. 確定申告書の電子申告 (加藤事務所)

完成した確定申告書は、E-taxによる電子申告を行います。
電子申告が完了した確定申告書と青色申告決算書(収支内訳書)は、PDFファイルにてお客様にお送りいたします。

logo58 


「freeeを使った丸投げ確定申告サービス」について、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 初回ご相談は無料です。

加藤事務所へのお問い合わせ