相続税額試算システム

相続税額試算システム

このシュミレーションツールでは、ご家族構成と財産額をご入力いただくと、相続税額の大まかな試算を行うことができます。

<ご注意事項>
このシュミレーションツールは、お客さまご自身にご入力いただいた財産額と2015年1月1日現在の法令をもとに、単純な状況を仮定したもとでの大まかな相続税額を試算するもので、相続税額を算定するものではありません。
万一、この目的を超えるご利用をされたなどの場合には、お客さまに生じた不利益や損害などに関して、当事務所は責任を負いかねます。あらかじめご了承の上、参考情報としてご活用ください。


  • Step1 法定相続人の確認と基礎控除額の試算
  • Step2 財産総額の試算
  • Step3 課税遺産総額の試算
  • Step4 法定相続金額
  • Step5 相続税額

<ご入力時の注意事項>
このシュミレーションは、法定相続人の数が合計5名までの場合にご利用いただけます。
法定相続人が6名以上の場合はご利用になれませんのでご了承ください。
・養子については、法定相続人になれる人や、法定相続人に算入できる人数に制限がありますが、このシュミレーションではお子さまはすべて実子とみなし、養子については考慮しておりませんのでご注意ください。
・このシュミレーションでは、代襲相続人の判別は対応しておりません。
・このシュミレーションでは、小規模宅地等の課税価格の計算の特例や、死亡保険金・死亡退職金に係る非課税金額の試算および試算結果の提供は行いません。
・小規模宅地等の課税価格の計算の特例や、死亡保険金や死亡退職金に係る非課税金額を考慮したシュミレーションを行いたい場合は、財産額の欄にご自身にて計算された控除後の金額をご入力ください。
・団体信用生命保険契約が付与されている住宅ローンは、被相続人の死亡により支払われる保険金によって補填されるため、「ローン残高等の債務」欄への入力は不要です。