医療費控除は領収書の提出が不要になりました。

平成29年税制改正において、所得税の医療費控除の見直しが行われ、これまで必要だった医療費等の領収書の添付が不要になりました。
代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。

詳しくはこちらをご覧ください。

平成29年分確定申告の医療費の明細書添付義務化のお知らせ(平成29年9月)

添付は不要だけれども、5年間保存義務はあるし、「医療費控除の明細書」作成も必要です…

大変さはあまり変わらないようです…

法定相続情報証明制度が始まりました。

平成29年5月29日(月)から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まりました。


「法定相続情報証明制度」とは?

現在,相続手続では,お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を,相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があります。
法定相続情報証明制度は,登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を提出すれば、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付してくれます。
その後の相続手続は,法定相続情報一覧図の写しを利用することで,戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。


具体的な手続について

法定相続情報証明制度の具体的な手続についてはこちらをご覧ください。

確定申告のお問い合わせは土日も受付中です。

そろそろ確定申告の準備が必要な季節となってきました。
そこで、加藤税理士・公認会計士事務所では、土日・夜間でも、当ホームページ「お問い合わせ」からのお問合せを受け付けております。
24時間以内に返信いたします。

ご不明点などございましたら遠慮なく、お気軽にお問合せください。
お待ちしています!

加藤事務所へのお問い合わせ

 

確定申告で税金を取り戻そう!

確定申告をすれば、税金が還付される ことをご存知でしょうか?
個人事業主であるデザイナーさんは、受け取るデザイン報酬から約10%の所得税が源泉徴収されています。
例えば、報酬500万円に対しては、約50万円が源泉徴収され、手取りは約450万円です。
源泉徴収の対象となる方は、 デザイナーだけでなく、ライター(作家)、芸能人、翻訳家、学校の講師等も該当します。


この源泉徴収された50万円ですが・・・
確定申告をしなかったら、源泉徴収された 50万円 は 1円 も戻ってきません。

ところが、
確定申告をすれば、源泉徴収された 50万円 のほとんどが還付されます!

続きを読む

決算・確定申告の予約受付開始

師走になりましたので、決算・確定申告の予約の受付を開始しました。
年内早期予約の方には、特別値引を実施しております。
詳細については、お気軽にお問い合わせください。

button5

ふるさと納税最適額はいくらなんだろう~

平成27年より、ふるさと納税が大幅に拡充されました。 大きな変更点は以下の2点です。 ・住民税の1割程度だった控除額が2割程度に拡大しました。 ・年間に5自治体までの寄附であれば、寄附ごとに申請書を寄附自治体に郵送することで確定申告が不要となります。

控除額が2割程度に拡大し、お得感が倍増したことで、気になるのは・・・ 「ふるさと納税最適額はいくらなんだろう」 です。

続きを読む

ミラサポ専門家登録

中小企業庁の承認を受け、ミラサポ(中小企業庁専門家派遣事業)の専門家登録を行いました。
ミラサポでは、年間3回まで無料で専門家に経営相談等を依頼することができます。
詳しくは、ミラサポ専門家派遣をご覧ください。

freee認定アドバイザー

クラウド会計 No.1 ソフトウエア「freee」の認定アドバイザーを取得しました。
認定アドバイザーの紹介画面は コチラ です。
クラウド会計ソフトを活用して、スモールビジネス・スタートアップの支援を拡大していきます。